ネットショップ開業 ドクターショッピング B型かあさんのお気楽キッチン
2016/12/16.Fri

ドクターショッピング

 ドクターショッピングって言葉を聞いたことがありますか?

 いろいろ病院を変えて 自分の求めてる言葉を言ってくれる先生を探すんです。

 難しいわかりにくい病気だったら 能力のある先生に当たるまで

 辛い長い旅が必要になちゃうのかもしれませんが

 今回 かあさんしちゃいました

 単に更年期の治療なんですが・・・・・

 ネットで調べて 更年期学会に所属している先生のいるクリニックで最初受診

 閉経前ということで エストロゲン補充のみの短期限定治療になりました。

 エストロゲンのみだと 子宮内膜が厚くなり 子宮がんの発生率が上がるので

 長くて3か月しかできません。しかし治療ではなく対処療法で

 今ある症状を抑える為の薬ですから

 飲まなくなれば 即 症状は再開されます。

 次の投薬まで 辛い症状に耐え 子宮内膜が生理によって剥がれたのち

 次の薬が処方されるのです。

 閉経後は エストロゲンとプロゲステロンを併用し持続的にホルモン補充が可能ですが

 「女性ホルモンが減るのは 自然の摂理で

 あなたの年の女性ならみんなそうなんですよ。あなただけじゃないんです!!

 生理が来るってことは女性ホルモンが まだ出てるってことで 併用の薬は出せない。」

 そう言われ泣く泣く納得させられたものの

 ネットで閉経少し前から始める方法をしている先生も数多くいることを知り

 ダメもとで 別の不妊や不育治療を専門にしている女医さんのところに

 今日相談に行って来ました。もちろん 診療項目に更年期相談もあります。

 行くまで ドクターショッピングしてしまっていることについて

 前の先生への罪悪感と 

 この人 そういう人なんだって新しい先生に思われるんじゃないかとの不安感

 そんな思いでいっぱいでしたが

 新しいクリニックにいってよかったです。

 ホルモン補充を続けられる エストロゲンとプロゲステロン併用の薬を処方してもらえました。

 5年間めどらしいですが 辛かったホットフラッシュ 多汗 寝汗 冷え 関節痛もろもろ

 我慢しなくてよくなりました。

 時には クリニックのチェンジ必要なのかもしれません。

 この先 AI(人工知能)が 病気の判断をするようになるんじゃないかといわれてますが

 もし AIがかあさんを診察してたら 間違いなくエストロゲン単体での投薬

 人間一人ひとり 症状の出方や感じ方が違うのに この病気にはこの治療法って

 一辺倒の判断しかできなくなるんじゃないかと 不安を感じざるを負えません。
スポンサーサイト
健康 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示