ネットショップ開業 ストレスとコルチゾール B型かあさんのお気楽キッチン
2012/02/21.Tue

ストレスとコルチゾール

 ストレスでコルチゾールという脳内ホルモンが出ることで 
 体重増加するって 脳科学者がサラッと話ししてたけど

 ドーパミンが食欲増加させるって????

 ドーパミンって ダイエットには良いホルモンじゃなかったっけ??

 調べてみました

 精神的や肉体的(運動しすぎもダメなのね)にストレスを感じると
 まず アドレナリンが出るんだけど カンフル剤的な働きで
 一時しのぎにしかならないの

 ストレス状態が長期になると コルチゾールが出てストレスの鎮火をしようと頑張るわけ

 脳がストレスを 生命の危機って感じちゃうから 死なないために より食欲を増し
 栄養もより吸収しようとするうえ 消費エネルギーまで抑えちゃうわけよ

 その上 食欲を抑えるホルモン レプチンを減少させ
 食欲増進ホルモンの オレキシン グレリンの分泌を促進させるんですって
 まるで 火に油を注ぐようなものね

 体は ものすごく空腹感を感じるから すぐエネルギーになる
 糖分や脂肪分を欲するわけ

 食べると一時的には ストレスホルモンを低下させる ドーパミンを分泌し
 心の落ち着きを感じるけど これも一時しのぎだから また食べようとするわけ

 コレチゾールは 満腹を知らせる レプチンを減少させてるから
 満腹感を感じにくくなり 過食になるし
 NPY(ニューロペプチドY)っていう脂肪細胞の量ヤサイズを増やすものまでだしちゃうんだって

 こりゃ ストレスで太らないわけないわね

 6時間以下の睡眠でも コレチゾールは出るらしいから 睡眠時間も確保しなくちゃ
 
スポンサーサイト
ダイエット | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示