ネットショップ開業 2016年09月 B型かあさんのお気楽キッチン
2016/09/17.Sat

三段じこみは麦味

 「月の中」で有名な岩倉酒造の麦焼酎 「三段じこみは麦味」

     CIMG1205.jpg


 何が三段仕込みなのかと言うと

 米麹で1次仕込み 蒸した麦を加えて2次仕込み 普通はここで終了のところ

 更に米麹を加えて3次仕込みをして3年寝かす

 手間をかけています。

 以前 プレミア価格で買った「兼八」が定価で売っていたので

 こちらも購入 兼八は はだか麦を使って 麦麹で作られてます。

     CIMG1209.jpg


 麦チョコを期待して買ったものの どこが麦チョコ??感があったので

 再チャレンジです。

 まずは 「三段じこみは麦味」豊かな麦の香りがしてスーと喉を通り

 鼻に麦の香ばしさ 喉には甘みを残してくれます。

 無条件にかあさん好み 「万年星のはだか麦仕込み」を思い出しました。

 ストレートでも美味しいですが 麦茶割り 本当にお勧めです。

 水で割るなら 是非 麦茶で

 麦焼酎のいいところを麦茶が更に高めてくれるんです。

 ブラックコーヒーもお勧めです。こちらは食事中のお酒としてではなく

 お酒を楽しむためのカクテル感覚でどうぞ。

 そして「兼八」ちまたで麦チョコ麦チョコ言われていますが

 やっぱり かあさんにとっては麦の香ばしさチョコレートの甘みと隠れた苦みは

 「万年星のはだか麦仕込み」や 今回の「三段じこみは麦味」のほうが麦チョコ感

 すごーく感じるんだけどな~

 考えてみたら 麦チョコ 20年ぐらい食べてない・・・・・

 記憶の中の麦チョコの味・・・・間違ってるのかしら

 ムギ焼酎では このほかにも試してみたいのがあって

 「特蒸 泰明」

 買わなくっちゃ
スポンサーサイト
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
2016/09/17.Sat

紫もぐら

 以前 古酒の土竜が美味しいと紹介しましたが 期間限定商品の「紫もぐら」

 買ってみました。紫のもぐらは今年限りで 来年は紫芋じゃなくって安納芋に変わるらしいです。

 紫芋の値段が高くなり採算が取れなくなったんですって

 古酒土竜は5年古酒で 紫もぐらは3年古酒 ん~古酒好きとしては期待が高まります

    CIMG1203.jpg


 紫芋の焼き芋を使って米麹で発酵 

 紫芋の焼酎は シャープでキレの良いほんのり甘い香りで上品な味

 そこに焼きいもの香ばしさと 更に甘い味が加わったら さぞ美味しいことでしょう・・・・・

 というわけで 飲んでみました 3年古酒と言うことでしたが アルコール臭がありました

 アルコール臭が苦手なかあさんは リピートはいかな

 って 来年は売ってません

 でも 焼きいもの香ばしさ 喉の奥に残る甘みは感じられました

 焼きいも作りは 好きかも。

 度数が高い酒を飲んで アルコール臭が・・・・なんて

 と思われるかもしれませんが スーと喉にすべりこんで香水のようないい香りが

 鼻に抜ける そんな焼酎があるんです

 そんな焼酎にいっぱい出会いたーい

 
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |