ネットショップ開業 2014年01月 B型かあさんのお気楽キッチン
2014/01/22.Wed

我が家のローズマリー

母さん家の玄関横に ローズマリーが植えてあるんだけど

犬の散歩などで通る方から たまに 「珍しいローズマリーですねー

って声をかけていただくことがあります。

「欲しくて見つけたけど 売ってないの

そんなお声をかけてもらった時は

水に差しておけば 根が出てくるので お持ちください

と、切って差し上げてます。

CIMG0211.jpg


どうも 料理には 立性のもののほうが 葉が柔らかく苦味も少ないので向いているみたいです

だから 匍匐性のタイプは あまりお店に置いてないのかもしれません。

よくお店で見るタイプは濃いブルーの花が咲くマリンブルー 葉のやや幅が広く 淡いブルーの花が咲くのが

香りの良いトスカーナブルー

家のは横に伸びていく 葉が固く苦味もある匍匐性

CIMG0209.jpg



ちなみに 家のローズマリーの名前は サンタバーバラというようです。

母さんは 料理に使うよりは 毎年冬になると作る

ローズマリー軟こう用

ここ7年 毎年作ってます。

保湿効果が素晴らしく かかともすべすべになるし

顔も しっとり潤います。

作り方は また後ほど



スポンサーサイト
ガーデニング | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/21.Tue

バーニャカウダソース

初めてバーニャカウダを食べたのは いつだったかな

10年ぐらい前かしら

生の野菜ステイックが 美味しい美味しい

大根や人参って こんなに美味しかったかな

って思うぐらい 感動ものでした

作り置きできるバーニャカウダソースの作り方を知っとけば

家飲みするときや 野菜不足してるぞ

って思った時 簡単に 野菜食べれる

ニンジンをそのまま かじるのも バーニャカウダだと

おしゃれな 食べ物になるじゃない


バーニャカウダソース

材料

にんにく 2-3片
牛乳 200ccぐらい
アンチョビ 1缶
オリーブオイル 適量

作り方

1 にんにくは皮を剝き ひたひたのも牛乳を入れ 弱火で煮る。
沸騰したら さらに15分煮て 竹ぐしが スーと刺さるぐらいの柔らかさにする。

2 ①のにんにくを取出しみじん切りにしたアンチョビを加え
包丁の背でつぶすようにペースト状にする。

3 小さい鍋②のペーストと 倍量のオリーブオイルを加え
フツフツ沸騰するまで加熱する。

密閉容器に入れ 冷蔵庫に入れて保存すれば 1か月ぐらい保存可能

パスタソースとしても美味しいね


野菜料理 | Comments(0) | Trackback(0)
2014/01/20.Mon

初メガネ

遠視だった母さんは メガネとは縁遠かったのですが

どうも 前には見えていたものが見えにくくなり

視力の低下を感じてたものの 何となくそのままにしていました。

でも 今年 車の免許更新なので 思い切ってメガネを作ることにしたのです。

先日テレビの番組で 格安眼鏡店の比較をしていて

眼鏡市場 zoff jinz の違いは

眼鏡市場は 遠近両用眼鏡や 薄型レンズもフレーム代に含まれていて
遠近両用を必要とされている 年代のリピ率が高い

zoffは フレーム代には 基本レンズのみ
おしゃれなメガネが多い

jinzは 薄型レンズも フレーム代に含まれる

丁度、jinzの広告があり 一部の商品が¥3,990とのこと

行ってみなければ

最寄りの店舗は小さいからか 本当に一部の商品でしたが

まずは一つの作ってみようと 上のシルバーメタリックのフレームを選び

検眼してもらいました

   CIMG0202.jpg



母さんは 0.7

運転免許で必要視力は 0.7なので

ということは もしかしたらギリギリセーフ

でも なんて言っても¥3,990

作るでしょ

帰りに メガネをかけて歩いたら ぼやけて見えなかった人の顔や 看板が

はっきりと見え 久しぶりの感覚

速攻 店に戻り 下のフレームが主張しないタイプのも作ってしまいました。

もっと早く作れば良かった


どうも 遠視だった人が近視になるのは 白内障の症状が始まっているらしいのです

すぐに 手術が必要になるわけではないのですが 近視は進むみたいです

もし この先白内障の手術をするときは 多焦点眼内レンズというのを入れたいな

これは 遠近両用レンズで 視力も改善されるし 老眼もよくなるんですって

今は 先端医療で お高めですが いつか安くなるのかな

それとも たしか 保険に先端医療特約っていうのが 数百円でつけられたから

それを付けとくといいのかな



健康 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |