ネットショップ開業 2012年09月 B型かあさんのお気楽キッチン
2012/09/11.Tue

高野豆腐でかつ丼

 夏休みが終わり 息子2の学校のプールが今週で終わるというのに
 毎日暑いです
 この残暑 いつまで続くのでしょうか・・・・

 今朝 家事しながらテレビを見ていたら
 肉に間違える食材を使っての料理の特集をやってました

 ところどころ見れなかったのですが

 高野豆腐を使ったかつ丼が 2位になっていて
 1位が カツを作った後に残る パン粉 卵 小麦粉に コンソメ顆粒を
 混ぜて揚げた なんちゃってナゲットでした

 これは 高野豆腐かつ丼を作れば 両方作れる

 作ってみました

 なんちゃってナゲットを作った人が 肉っぽく感じるのは
 コンソメを入れてるからと話していたので 

 高野豆腐もコンソメを入れて戻すことにしました
 ぬるま湯にコンソメを溶かし 高野豆腐を5分程度浸し
 軽くしぼって 小麦粉付けてから 水溶き小麦粉(てんぷらの衣ぐらい)を
 付け パン粉を付けたら 180度の油で揚げる。

 フライパンに 高野豆腐が水分を吸うので大目の 甘めの醤油出汁を作り
 玉ねぎのくし切りを煮たら 適当な太さに切った 高野豆腐カツを入れ
 2~3分煮てから 溶き卵を回し入れ 火がいい感じに入ったら出来上がり

 高野豆腐カツは 揚げたまま食べると 高野豆腐独特な香りがして
 頂けない感じですが 醤油出汁で煮ることによって
 その匂いもなくなり 味もそれっぽくなるみたいです

 テレビでは チキンカツっぽいと話してましたが
 ん~正直 違うかな~

 豚や鶏だと 偽らなくても これは新しい 高野豆腐料理のジャンルで
 美味しいレシピだと思います

 テレビでも話してましたが 衣をしっかり付けて パン粉のカリッとした
 カツにすることが 大事なようです。

 高野豆腐も パン粉も 乾物だから買い置きしといて 冷蔵庫に卵しかなーい
 というときも 買い物にいかずに出来ちゃうのがいいね

 
 

 
スポンサーサイト
ご飯もの | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |