ネットショップ開業 お酒・つまみ B型かあさんのお気楽キッチン
2018/05/22.Tue

いちごウイスキー

 ネットで知った いちごウイスキー

 早速 作ってみました

   CIMG1875.jpg


  
 容器に冷凍いちごを入れ 砂糖50gも投入(今回は氷砂糖使用)

 苺が浸るまでウイスキーを入れなくちゃならないのですが

 買って来た ブラックニッカの小瓶(180cc)では 苺が顔出しちゃうので

 前に台湾で買って来た 高アルコール度数の焼酎のようなお酒を足しちゃいました

 

 翌日には 苺からウイスキーに色素が移り きれいなピンクになります。

 飲み頃は 3日目ぐらいからみたいで 苺は引き上げたほうがいいみたいです


 でもでも いける口のかあさんは ピンクの液体 苺ウイスキーは

 甘すぎ~ ほぼほぼイチゴシロップ

 そこで 漬かってる苺を食べてみたら

 フー お酒~

 完全に 苺の水分がウイスキーと入れ替わってる感じ

 イチゴシロップじゃ物足りない そう そこのあなたは

 苺を潰してシロップと混ぜて 飲むべし

 急に大人の飲み物になりますよ~

 バニラアイスに掛けても 大人なデザートが出来上がり

    CIMG1883.jpg
スポンサーサイト
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
2018/02/27.Tue

GOWARINGO

長野県の井賀屋酒造 岩清水 GOWARINGO 生

     CIMG1857.jpg


 仕込む米の5割の麹 リンゴ酸を多く出す酵母を使用しています

 名前そのまま ダジャレか!!って感じですが なんかオシャレ

 2割の麹を使う NIWARINGOもあるんですよ

 まず パッケージがオシャレじゃないですか

 口コミで リンゴジュースのような・・・・・

 みたいのが多いので 喉がリンゴジュースを待っていたせいか

 期待は 外れちゃいました

 日本酒でリンゴジュースを期待する方が おかしいのかもしれませんが・・・

 開栓してからの 味の変化も面白いらしいので

 あえて1日で飲み干さず 4日に渡って飲み比べしちゃいました

 1日目 純米大吟醸酒のような濃い甘みではなく爽やかな甘みがあります

     林檎ジュースで例えるなら 済んだ琥珀色のリンゴジュースではなく

     白濁したすりおろしリンゴジュースの甘み

     でも スッキリとした酸味も微かにあり のど越しは スッキリ

     甘い日本酒は好きじゃありませんが この甘みは好きです

 2日目  昨日の甘みは消え 酸味が主張し始めました

      日本酒感が強くなり フルーティー感が弱くなります

 4日目  酸味が強くなり 1日目の優しい甘さは消えました

      口コミで だんだん本物のリンゴジュースに・・・・

      っていうのがありましたが 母さんは 全く逆で

     だんだん 日本酒に・・・・って感じ

 開封後 冷蔵庫に入れておらず 暖房をしない部屋での保存だったのですが

 思った以上に 味の変化が激しいので驚きました。

 正直なところ GOWARINGOの良さを 楽しみたいなら 開封したその日に

 飲み切ちゃうのがお勧めかと

 
  
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/12/12.Tue

レモン酒

 国産レモンが 近所の八百屋で安く売っていたので

 レモン酒を仕込むことに

    CIMG1666.jpg


 レモン酒

  国産レモン      8個ぐらい

  氷砂糖         200~300g

  ホワイトリカー35度  1800cc

 作り方

   綺麗に洗って 消毒した広口瓶に 皮と白い所を綺麗に剥いたレモン

   半分に切ったものと 氷砂糖 薄く剥いた皮2個分を入れホワイトリカーを入れる

   皮は1週間ぐらいで引き上げ レモンは1~2ヶ月したら引き上げる

   3か月目ぐらいから 飲み頃に

 
 かあさんは レモンの皮を干して粉末にしようかと思っているので

 まずは 薄くレモンの皮を向くところから始めましたが

 結構 硬い・・・・・

 後から考えたら ピーラーを使えば楽だったんだよね~

 薄く皮をむいてから 白いワタをムキムキ

 国産レモンは 思った以上に皮が厚く レモン かわいくなちゃいました

 出来上がったレモン酒は ロックでもソーダ割りでも美味しいし

 ビール割り かなりお勧めです
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/12/10.Sun

黒木本店 球

 「中々」や「百年の孤独」を造っている 黒木本店の「球」

     CIMG1647.jpg


 ワインのようなラベルには「Q]と書いてます。

 タマアカネとコガネセンガンを使った芋焼酎

 オレンジ系の香りが好きなので 期待

 柑橘系の皮 白桃 ライチの風味とありましたが・・・・

 ん~残念 チョット違うかな 甘い芋の香りの中にスパイシーな香りも感じます。

 飲んでみると のど越しに辛味を感じ 鼻に上ってくる香りもない

 「茜霧島」と比べてみたら 香り 甘み共に「茜霧島」のほうが上


 でも 食中酒としたら 「茜霧島」より「球」のほうが 香りや甘みを主張せず上

 昨日のワインのお供だった あまり臭くないブルーチーズともあったし

 厚揚げとさつま揚げを甘じょっぱく炒り煮したものとも合いました。

 不思議と ブルーチーズや厚揚げとさつま揚げのと飲んだ時は

 甘い香りが立ち昇り 舌に甘味をかんじるんです。

 でも 豚肉をコチュジャンで味付けしたものだと

 喉と舌に コチュジャンの物じゃない辛味が・・・・

 辛い大根おろしのような辛味・・・・・

 コチュジャンとは合わないかもしれません

 また買うか?と聞かれたら ナイかもです。

 パッケージに惹かれ ずーと気になってたので 飲めてスッキリ

 「茜霧島」の甘みが苦手なオレ様でも 美味しく飲めたのはよかった(*^_^*)
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
2017/11/27.Mon

月の中 オールドラベル

 糖質 プリン体注意の オレ様が焼酎を飲み始めて

 プレミアム焼酎なるものを 高額で買って来て 焼酎は安いからいいんじゃないの??

 って 疑問に思ったことから始まった 焼酎勉強

 調べてみれば 定価でプレミアム焼酎が帰る店が近所にあったり

 ワインのように 品種や麹の違い 仕込み方でかなり味や香りが違って来ること

 少しずつ ラベルを見て分かるようになってきましたが

 同じ芋 同じ麹を使って仕込んでても ワインと同じで 蔵や造り手によって

 驚くほど違ってくるのが面白いです。


 いつも行く こだわりの酒屋で 初めて見た「月の中」オールドラベル

    CIMG1641.jpg


 普通の「月の中」は25度ですが こちらは35度

 3年瓶貯蔵させた原酒だそうで もともとは 梅酒用だったんですって

 普通の「月の中」もプレミアム焼酎ですが

 このオールドラベル 岩倉酒造の商品の中で一番入手困難らしいんです

 聞くところによると ネットで「森伊蔵」より高い値がついているとか・・・・・

 ビックリです。

 オレ様が普通の「月の中」を買うためにキープしていたところ

 かあさんが 初めて見たラベルだから買ってみようと追加したのが幸いでした。

 普通の「月の中」も かあさんが美味しいらしいと勧めたから飲み始めたんだけど

 どうも オレ様は開拓せずに 同じものばかり購入したがるんだよね

 前に読んだ本に

    男はなじみの店に行きたがり

    女は新しい店に行きたがる

 って書いてあったけど 本当に何事においてもそんな感じがするわ

 2本買ったから 1本は飲んで 1本はとっておこうかな~
お酒・つまみ | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »